<   2008年 04月 ( 16 )   > この月の画像一覧

懸賞 懸賞

4/30 沈船ログ♪

懸賞 2008年 04月 30日 懸賞

4月30日

お天気:快晴!快晴!!

①ブルーコーナー
②ニュードロップオフ
③ヘルメットレック


本日JAL便3日目。

今日でダイビングは最終日の方が多いボートです。

最後はやっぱり・・コーナー!!と言う方が多かったので、一本目はコーナーへ。


はじめは下げ潮だったものの、オオメカマスと戯れていると少しづつ流れの方向が変わりはじめます・・。
半月周りだから仕方ないですが、流れが完全に変わってしまう前の楽なうちに、反対側へ移動します。
その後はバラクーダの群れと至近距離で遊び、ひとなつっこいナポレオンと遊び、そんなこんなしつつ、最後はやっぱりもう一度、沖に出てしまったバラクーダ群れの中へ・・。

気持ちよかった~。

さすがコーナーです☆

ただ、安全停止中に、クラゲに囲まれました・・。

2本目はニュー。

潮のちょうど変わったところ。
下げ側からエントリーです。

いい感じの流れ!

が・・。


さっきコーナーで見たクラゲと同じクラゲがたくさん・・。


しかも、触手が長く、刺されたら痛いし痒い、かわいくないクラゲです。。

決して癒し系ではない方のクラゲです。


とりあえず先へ・・・。

と。

カットを曲がったあたりですぱっとクラゲがいなくなりました☆
良かった~~~(><)

その後はツムブリの大群に巻かれたり、オオメカマスやバラクーダ、ヨスジフエダイにアオウミガメ等を見てから浮上です。


さてさて。

3本目。

今日はヘルメットレック!

沈船ポイントです♪

日本軍の輸送船だったもので、大砲やライフル、ガスマスクや当時のビールビン・・等。
色々な物が落ちています。

一時期、このポイント、潜水禁止になりました。

実は・・。

不発弾から泡が出てるのを見た!との情報が・・(--)

そして、まだ爆発する可能性もある・・との情報も・・・(--;)


今ではその話もすっかり消え、また沢山のダイバーが潜っていますが・・。


真相は・・・いかに・・・。


未だにその不発弾は見る事ができます。

くれぐれも・・激しい衝撃を与えないように・・・(笑)


そうそう!!

今日はなんと!


このポイントで久しぶりにある子を見つけました!!!

ゴルゴニアンシュリンプ~~~~♪♪♪


前にもネタにしていたのですが、いなくなってしまっていました・・。
それが今日!また別の場所で発見♪
なかなか珍しい細ーーいエビ


わーーーーい☆☆

また暫らくは見られそうです(^^)v

その他、今日はジャンズパイプフィッシュが見やすいところに出てきてくれたり、ヒカリイシモチSPの大きな子を観察したり、
沈船探検アリ。
マクロアリ。
の3本目となりました♪

お天気良い状態が続いています!!

海況も最高!!

あとは・・クラゲ・・。

今日だけで明日はいなくなってくれてるといいなぁ・・・。


明日からいよいよ5月に突入です!!

5月病になっちゃう前に、パラオへどうぞ♪
[PR]

by kanakoshirane | 2008-04-30 18:08

4/29 神秘のシャンデリアケーブ ログ♪

懸賞 2008年 04月 29日 懸賞


4月29日

お天気:快晴!!!

①ブルーホール
②ブルーコーナー
③シャンデリアケーブ


今日もお天気抜群!!

海況も良く、水面はベタベタです!!

今日はゲメリス方面で2ダイブ。
戻ってきてから水中鍾乳洞・シャンデリアケーブに行って来ました☆


ブルーホールはGWなのにありえない!

貸切!!

ブルーコーナーはギンガメアジ・バラクーダ・サメの捕食等、いつものメンバーをしっかり見る事ができました。

さてさて。

3本目。

今日はシャンデリアケーブです。

とっても幻想的で、パラオに来たからには一度は潜っていただきたいポイントです。

水中鍾乳洞ですが、中にエアドームがあり、洞窟の中の水面に顔を出す事ができます。


エントリーして中に入るとどこから迷い込んだのか、何故かヒラテンジクダイが一匹。

そのまま鍾乳石を見ながら幻想的な雰囲気に包まれて、奥に進んでいきます。


シャンデリアケーブの中は、魚がいないと思われがちですが、実はレアな魚の宝庫です。

今日はサビクダリボウズギスモドキが一匹。

非常に長い名前で舌を噛みそうですが、暗闇に生息するテンジクダイの仲間です。
同じく暗闇に生息する他のテンジクダイや、ハゼの仲間、エビなんかもいます。
珍しいもの好きの方は是非リクエストして下さい☆


今日は2番目と4番目に浮上しました。

ここがガイドの腕の見せ所です。

鍾乳石の種類や出来方、逸話や小話、謎の鍾乳石、呪いの話等を交えながら、鍾乳石を観察します。

詳しい話はここでは秘密♪

一緒に潜った方にだけお話しします(^^)


突き当たりまで行った後は出口に戻ります。


ここからが第二の見せ場です。。



途中まではライトを照らしながらじっくり、ゆっくり。

水面近くを照らして進むと、鍾乳石がペトペトの水面に反射して、一つの岩が浮いているみたいに見えます。
天空の城ラピュタみたい♪


エアシャンデリアを作ったり、昔、水が流れていた跡を見たり、

ゆっくり。

ゆっくり。

神秘の世界。

地球の不思議を感じて。。


そしてそして。


途中でライトを消します・・。


行きはあんなに真っ暗だったのに・・。


なのに・・。


出口の光だけがボォーーーっと輝いて、洞窟であることを忘れてしまいそう。



しばし音の無い世界へ・・。



太陽の光の偉大さを感じます・・。



エメラルドグリーンの光。


ぼやけて形がはっきりとしない出口。


上を見上げると水面にも出口の光が反射して、どこが水中で、どこが水面か、わからなくなります。



光と。


自分の呼吸の音と。


水の感触だけに集中できる不思議な瞬間です。



そして。


そのまま。


光に吸い込まれていく感覚。

気持ちよすぎて、目をつぶりたくなる感覚。

水に溶けていくような、光と同化してしまうような、そんな異次元の感覚。


天に昇る感覚って、きっとこんな感じなんだろうな・・なんて思ったりします。


こんな感じだったら、きっと気持ちよくって吸い込まれてしまうだろうな。




シャンデリアは一回でいい!なんて聞きますが、2回目だって面白いですよーー♪

ちなみに今日の方たちは3回目♪

ね♪


もういい!なんて言わずに、新たなシャンデリアケーブの魅力を味わってみてくださいね☆☆

あーーーー気持ちよかった♪

明日はどこへ行こうかな~♪♪
[PR]

by kanakoshirane | 2008-04-29 18:32

4/28 JAL初日ログ♪

懸賞 2008年 04月 28日 懸賞

4月28日

お天気:晴れ~♪

①ジャーマンチャネル
②ブルーコーナー


ブランクダイバー・カナです。


だって今日は5日ぶりの海・・・。


4日も海に行かないなんて、そう無い事。

毎日潜っているのがあたりまえになっているので、これだけ日にちが空くと、海の中がどうなってるのか、
潮や魚の状態がどうなのか、少し緊張します。

さてさて。
今日はGW最初のJAL直行便の初日!

少し落ち着いていた海も賑やかになっています。

ボートがいっぱい!!

ダイバーもいっぱい!!

皆さん、この時期にしかお休みが取れなくて、ずいぶんと前から予約をして、繁忙期料金だけど、それでもパラオ!と思って選んで来てくれてるわけです。

ありがたい事です。

嬉しい事に、お天気も海況も良い状態。
パラオの最高の海を見て帰って下さい♪

本日の一本目は

先月から、一本目のチェックダイブで、

・エアマスククリア(水をマスクに入れない状態で、マスククリアをしていただきます。)
・レギュレータークリア


この2つのスキルをやっていただく事になりました。

チェックダイブ。

今までは、私達ガイドがゲストの方の潜り方等を見て、スキルや状態をチェックさせていただいていたのですが、
今回からはゲストの皆様に、ダイビング中に必要になってくる2つのスキルをやっていただき、ご自身でも大事なスキルの再確認をしていただいています。


ほんの数十秒の事ですが、これもパラオを最高の状態で安全に潜っていただく為。
ご協力宜しくお願い致します♪

今日のチェックダイブはジャーマンチャネルにて☆
スキルを難なくこなし、まずはマンタ根まで向かいます。

「石垣でマンタは見てるから、マンタはそんなにこだわりません。」

との事だったので、スグに移動してギンガメアジやオオメカマスを見に行こうと思っていたのですが・・。


潮はゆるーーく上げています。
捕食にはゆるすぎる流れだけど・・。

沖に・・。

なにやら・・。

いる模様・・。


エントリーして10分。

捕食マンタの登場です!!

チビマンタがくるくるくるくる!!!


その横でブラックマンタがグルグルグル!!!


流れがほとんど無いので、楽々♪
至近距離でマンタの捕食を観察します。

ダイバーでいっぱいになってしまうのがイヤだったので、チリチリ鳴らしたりはせず。
こっそりと。。はじめは貸し切り状態で見れました♪

その後、他のダイバーも集まりだし、潮も下げはじめそうな感じだったので、一足早くマンタ根へ戻ります。


と。


同じタイミングでブラックマンタがマンタ根に!!!


さらには後方から頭上を通って、チビマンタもマンタ根にやってきました~♪


超ラッキー♪

こんな感じで。

浮上までの40分。
マンタ三昧♪
マンタは別に・・なんて言ってたゲストも捕食やブラックマンタは初めてだったようで、良かった♪良かった♪


2本目はブルーコーナ。

上から見るとかなり流れていますが、今は半月周り・・。
うーーーん。。
できれば先端に近いブイから入りたい感じです・・。
ただ、今の状況では少し流れがあるので、潮が変わってしまう前に!と、急いで遠いブイからエントリー。


透明度は少し悪いものの、魚は充分です!

ギンガメアジの群れに囲まれて、棚待ちしていると、魚達の様子が忙しない・・。

と。

突如現れたハギの大群!!


そして!!


そこにつくのはグレイリーフシャークが5~6匹!!!

物凄い勢いで追い回しています!

二手にわかれたハギの群れ。

上に言った群れはグレイリーフに執拗に追いかけられ、
下に言った群れも、また、グレイリーフが突進しています!

真横を通りすぎ、アタック!!!

興奮ですな。。。。

ゆるい潮のまま。
最後は潮が逆に。
ちょうど先端にいたので、あわてて移動する魚達にかこまれて、ベストタイミングでの浮上となりました☆


GW初日。

なんだか幸先の良いスタートです!!!


明日はどこに行こうかなぁ~~♪
楽しみで~す☆☆
[PR]

by kanakoshirane | 2008-04-28 16:15

日帰りグアム♪

懸賞 2008年 04月 27日 懸賞

グアムに行ってきました☆☆

と、言っても日帰りですが・・。

夜中に出発して、早朝5時半にグアムに到着。
その日の夜7時半には飛行機に乗ってパラオに帰ってくるという・・。

弾丸ツアーも顔負けの強行スケジュール。


深夜2時半・・。

すでに眠さのピークを越えてしまい、
しかも、グアムに行く!と言う事実にちょっと興奮してしまったカナは、
その直前まで寝てればいいものを、ネットでグアム事情を調べたり、ネイルサロンの予約をしたり、これから先、「24時間寝れない」と言う事がすっかり思考から排除されてしまい、
この後の睡魔との壮絶な戦いを知る余地もありませんでした・・。



空港に到着。
偶然にも同じ飛行機だった、コーラをこよなく愛する熱いお客様・S様が、

「レンタカー借りるから、途中で落としてあげようか?」

との熱いお言葉。
ありがたく便乗させてもらう事にしました。

24時間営業のKマートが、品揃えも豊富で、安いし、広いから見てて飽きないとの情報を聞いたので、まずはKマートへ。

朝6時。


ガラ空きです。


とりあえず店内を一周・・。

一周・・・。


広っ!!!


そして、ここで、衝撃の出会いをしてしまいます・・。

まさか、グアムで・・出会ってしまうとは・・。
まさか、こんな早朝に、こんな事で悩む事になってしまうとは・・。


出会ってしまいました・・。

探してた・・。


鍋に・・。

パラオで探しても気に入る物が無く、何度ネットで探して送ろうか考えた・・鍋。

今持ってるものを使うたび、早く新しい物を!と思っていた・・鍋。

その鍋が、朝6時。まさかのグアムで発見・・。

手にとっては戻し、他の物を見に行っては、何度となく鍋売り場へ。

早朝に、鍋売り場をうろつく女が一人・・。

どう考えても、怪しい行動ですが、時刻はまだ朝6時半。
万引きGメンがいる心配も無く、周りのお客様を気にする事も無く、パラオと違って知ってる人に会う可能性も無く。

ただ一心に、鍋と向き合います。


9割方気持ちが固まり、鍋を握り締める力にも決意が現れ、鍋をカゴに入れた瞬間!

・・ようやく、今まだグアム日帰り旅行が始まったばかりである事を思い出します。

朝7時。

今、鍋を買ってしまったら・・。


鍋を買って、意気揚々とグアムの街へ繰り出すカナ!
パラオとはまた違う日差しに、気持ちも盛り上がります。
セレブなカナはDFSでセレブなショッピング♪
超一流ブランドの時計を見ながら
「ちょっと。これ。見せてくださる?」
なんて言っちゃいます。
「セレブ。どうぞ、ご試着下さいまし・・。」テーブルの上にカバンを置き、時計を手にした、その時!

カシャン!

鍋が・・。

鍋が床へ・・。

店員さんの態度も一変。
「おい!鍋女!買う気がないなら出てけ!」まわりのセレブもこっちを見ながらコソコソ「あの人よ・・鍋女・・。」とかなんとか囁いています。

鍋女・・。

鍋女・・。

いやぁーーーーーーーー(><)


そんな妄想も始まり、やはり今日一日を鍋と共に過ごす決断ができず、泣く泣く鍋と別れをつげました・・。

その後、ABCストアで買い物したり、サーフショップや雑貨屋さんを覗いたり、気付けば時刻は11時。

この時点で既に5時間、休憩なしで歩きっぱなしです。
しかも、興奮しているので早歩きで5時間です。
それでも久しぶりの都会♪
楽しさと興奮の方が先にたち、疲れは全く感じていませんでした。


そろそろランチの時刻ですが、一人でレストランに入る事に極度の抵抗があるカナは、優雅なランチタイムをとる事が出来ません。
その変わりに、休憩の意味も込めて、スパでマッサージを受けることにします☆☆

マッサージ開始3分・・。

ヤツが来ました。

このタイミングを待っていたと言わんばかりの絶妙な忍び寄り方で。

睡魔が・・。

「睡魔」


まさに字の如く、眠りと言う快楽に姿を変えた悪魔です。

悪魔に身を委ねてしまえば気持ちよいのは知っています。
でも、折角のマッサージ。
睡眠の気持ちよさよりも、マッサージの気持ち良さに浸りたいのです。

うつ伏せになり、ちょうど顔をはめられる穴の開いたベッド。

穴の下に見えるのは、水をはったキレイなガラスの器に浮かべられたハイビスカスやプルメリア。

流れるは、ゆるーい異国の音楽。

芳しいアロマの香りに包まれて・・。

五感全てに注がれる極楽の世界。

このまま永久の眠りに・・・。


・・・・。

・・・・・。

・・・・・。




zzzzzz。



・・・・・・。



はっ!!!!

どの位経ったでしょう。


自分の寝息にびっくりして目があきました。

眼下のプルメリアに注がれる、口からの液体。

YO・DA・RE!!

「私。起きてます。今までだって起きたんです!」

と、腕を動かしてみたりしますが、スースーと自分でも気が付く程の寝息をたてた後では、もはや何の意味も持ちません。

睡魔め・・。


みごとにやられました。

悪魔のしてやったり顔が目にうかぶ・・。


その後も睡魔との熾烈な戦いは続き、最終的には睡魔に魂を売り、完全に思うがままにされた状態でエステ終了。


ま。


気持ちよかったからいっか♪♪


エステで気持ちも体も軽くなった後は、再び買い物。

ひたすら歩く。

歩く。

ノンストップで歩く。


グアムに滞在していた13時間。
動かずにいたのはエステとネイルをしていた3時間だけ。
止まったら死んでしまうマグロの様に・・。
止まっていたら面白くない小島よしおの様に・・。

ただひたすら・・。

歩いて。歩いて。歩いていました。


楽しさのあまり、全く疲れる事なく、ただ、足のむくみだけが、その長時間にわたるウォーキングの証人となって、私の足をパンパンにさせていたのでした。


実際書き出したらまだまだきりの無いグアム話。
他にも「さよならトレーナー事件」や「バス初体験談」等、まだまだあるのですが、それはまたの機会に。


さて。本日はお店番♪

何故だか足が痛い・・。

そして、体が重い・・。


まさかの・・。


まさかの筋肉痛(--)


ウォーキングだけで筋肉痛になるなんて(泣)

いえ。

筋肉痛になる程歩いてたなんて。

痛いよーー。

だるいよーーー。

今日はこれからマッサージです。。。
[PR]

by kanakoshirane | 2008-04-27 18:36

あっっっ!!!!

懸賞 2008年 04月 25日 懸賞

あっっっ!!!!


って瞬間ありますよね?



やっちゃったーーーみたいな。



昨日のブログに「8mmの2ピースを着ていた」と書きました。


そうなんです。

8mmの2ピースをパラオで着ていた頃がありました。

今でも国内や寒い地域を潜る時、パラオでも長時間ダイビングになりそうなときはこの8mmウェットを愛用しています。
なんせ極度の寒がりですから(昨日のブログ参照)1時間を越すダイビングになると、30度の水温でも6.5mmではギリギリとなります。


そこで登場した秘密兵器が8mmの2ピースウェット♪


ただし、このウェット、着るのが慣れるまで大変でした。


今となれば簡単に着られるのですが、非常にやわらかい生地のスキン。

何が大変って・・。

まず第一に、裂けない様に着るのが大変なのです。

両面スキンの生地は、少しでも引っ掛けたり、ちょっとでも穴が開くと、そこから一気にパックリ裂けます。


「パックリ裂ける。」


この言葉がぴったりです。


ジャージのウェットだったら多少穴があいたまま数日着ても、そんなに問題はないでしょうが、スキンでちょっとの穴を見逃すと、数分後には「パックリ裂ける。」状態になります。


水に濡れた状態であればツルツルすべるので、着る時は水中で着るか、完全にスーツを塗らした状態で着るか、滑りやすくする為にトリートメントを入れて着ることなんかもあります。

この状態にしてしまえば、ツルン!!と着れてとっても簡単♪

そうなんです。
ツメなんかで引っかけたりしなければ、慣れればとってもラクチンに着られるスーツなんです。


ただ、この8mmウェット。
通常のスキンの生地よりも遥かに柔らかい!!
やわらかいって事は・・裂けやすい・・。
生地が落ち着いてくれる最初の20ダイブくらいは物凄く神経を使いました・・。


第二に・・。


これが問題でした・・・。


2ピースの上の部分。

これが「カブリ」と言って、その名の通りかぶって着ます。

ファスナー等が無いので、トレーナーを着るような要領でかぶって着ます。

まずは水中で両手を通し、濡れた状態にしたウェットを、そのまま一気にかぶって着ます!

ココ大事!!

勢い大事!!

一気です!!

一思いにです!!

すぐにスポッ!っと顔を出せなければどうなるか・・・・。


・・・・。


・・・・。


窒息します・・・(--)



・・・・。



・・・・。


ウェットを作ってスグの事。

ブルーコーナーの水面で、師匠と一緒にこのウェットを着ていました。

「このウェット着るの慣れたか~?」

「はい!余裕です!!」

なんて話しながらまずは下を簡単に着終わります。


いよいよ問題のカブリの部分。

何となく緊張する一瞬です。


両手を入れ、しっかりと中も濡らし、大きく息を吸って、思いっきり!!!


かぶる!!!


ガッッッッッ!!!!!!!



うぅぅぅぅぅぅーーーーーーー!!!!!



何かが引っかかって顔が出ない!!!!!



うぅぅぅぅぅぅーーーーーーーー!!!



ヤバイ!!!!!



ぬぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!!!!


死ぬーーーーーーーーーー!!!!!!





!!!!!!



バッッッッッッッッ!!!!!



はぁはぁです・・。

ぜぇぜぇです・・・。


ギリギリでした・・・。


ギリギリの所を力技でなんとか切り抜けました!!!!


切り抜けました!!!!



・・・・・が。



ウェットも・・・。


切り抜けて変なところから顔が出てます・・・(--)


はっ!!!


あまりの苦しさに、穴の開いている所からではなく、肩の部分から、穴も何もないはずの肩の部分から、窒息寸前でユデダコばりに赤くなった必死の形相のカナの顔が・・。
その顔と言ったら、きっとナマハゲを髣髴とさせた事でしょう・・。
そんなナマハゲが・・肩の部分のウェットを突き破り、ブルーコーナーの水面に・・登場。



あっ!!!!

通り越して・・


ギャ!!!!です。


しばし呆然・・・。


あまりの一瞬の出来事に、大きくリアクションを取ることすら出来ず・・。

誰かがこの瞬間を見ていてくれていたら、まだリアクションの方法があったものの・・。

目撃者・・・ナシ。

よって。


自分から・・。



「あ・・。裂けちゃった・・・。あ・・あはっ。。」
と悲しく報告。


笑って下さい!!
お願いです・・。
せめて笑って下さい!!!

切ない顔で

「大丈夫?」

なんて言わないで・・。

どうか、この哀れなナマハゲを笑ってやって下さい。。


師匠の

「お前なんだよー!それーー!!どっから顔出してんだよー!!バカだなぁーーー!裂けちゃってんじゃん!」

と言う、ただ見たままを実況しただけの、なんのひねりもない罵声が、今のカナの唯一の救いの言葉でした。




しかも。


悲しい事に。


ひっかかった物の正体・・・。


カナの頭に結んである・・・おだんご(泣)



自分の髪の毛に足を引っ張られる事になろうとは・・・。

当たり所の無さに、ただただ・・苦笑い。




更に。


今の思いっきりかぶった時の衝撃で・・。


首が・・・・。


痛い(;_;)


ものすごく・・・。


痛い(><)


後日、帰国の時に整体に行くと

「あれ??交通事故したことあります??」

と。

「無いです・・。」

「え?ムチウチとか・・ない?じゃぁ、ものすごい寝違えたとかってあります?」

「・・無いです。」

「おかしいなぁ・・。かなりの力がかかって首の骨がずれてるんだけど・・。」

と。

・・・・。


・・・・。

いやいやいやいや。


まさかね・・・。

まさかウェット着るのを失敗したごときで、交通事故バリの首の骨のずれが生じるなんて・・。


いやいやいやいや。

まさか・・・。


まさかですよ・・・。


でも・・・。


それしか思い当たる節が・・・・。


無い(--)



恐るべし。。

恐るべし・・ナマハゲ事件。




b0120510_7303999.jpg




写真の子はクロハタの幼魚♪


まさに!


まさにその時のカナの気持ちを表してくれています!


「あっ!!!!!!!」


「あぁぁぁぁぁ!!!!」


「ギャッ!!!!!!」


お好きな効果音を入れて見てみてください♪




2日にわたりお送りしたウェットのお話し。


2日も書いた意味・・。


わかりますよね♪

ウェット・・・くださーーーーい(><)
[PR]

by kanakoshirane | 2008-04-25 07:32

寒いんですもの・・。

懸賞 2008年 04月 24日 懸賞

寒い・・。

パラオだけど寒いのです・・・。


多分、物凄い寒がりなのだろうけど・・・。


寒いのです・・。


南国パラオで、まさか「寒い」と口にする事があるなんて・・って感じですよね。


昨日は久々の曇り。

寒い・・・。


でも、ダイコン見ると水温は29度なんだよなぁ・・。


超寒がりのカナですが、信じられない事にパラオに来たばかりの頃は水着と短パンだけで潜っていました。

しかも、寒くないの?と言われても「全然余裕っす!暑いッス!」と、かなり強気な態度で挑んでおりました。

ある日の事。

お客様からお古の2mmのスプリング(半袖・ショート丈)をいただきました。

バカにしていたものの、着てみるとこれが快適♪


寒さよりも、クラゲに刺される面積が格段に減る事が発覚!!
今もですが、当時も水着で潜ってる割にはクラゲにっはめっぽう弱い皮膚の持ち主でした。
しかも、痒さを我慢出来るほどの忍耐力は持ち合わせていず、痒ければかく!!血が出るまでかく!!そして痕が残る・・の繰り返しでした。
「痕残るから掻かない方が良い!」と、心ある人からの忠告も、「だってー痒いんだもーーん。」と、ひとたび間違えればバカにしてるのか?的な返答をし、やはり毎日掻き毟っては有り余る血を流していたのです。。

そして・・。

今になって、その痕をみて後悔・・。


後悔先に立たず・・。


この言葉を初めて使った人も、きっと血が出るまで痒い所を掻き毟った経験があるのでしょうね・・。




それからしばらくは、よくいる南国の現地スタッフ的な「元気が売りです!やる気だけはありまっす!!」的な、そんな格好で潜っていました。


さらにある日。


愛用していたスプリングのファスナーが壊れます・・。
すでに連日のダイビングで「ほぼボロ布」レベルに格下げされていたスプリング。
保温力はもはや限りなくゼロに近く、見た目的には限りなく「みっともない」に近づいていました。


あえなく水着に逆戻り・・。


ところが・・。


あれ。。



寒いっす・・・。


その事を当時一緒に丁稚をしていた兄貴の様な女性の先輩に打ち明けると、

「私のお古でよければ使いなよ!!!」

と、熱い言葉!!!


「うぃーーっす!!大事に使わせていただきまっす!!!!!」


と、受け取ります。


長袖!!

下は・・・切れてしまったらしいけど、膝下丈!!

5mm!!・・元5mm!・・・今2mm(泣)


サイズ!!

足・・まぁまぁ!!

ウェスト・・あれ・・・。

あれ・・・。


ブカブカっす!!

完全にスカスカっす!!!


そりゃそうです・・。

身長も10cm近く違います。

体重・・・多分・・20kg位違います。



・・いえ。

・・いえ。


いえ!!!問題・・・ないっす!!

使わせていただきます!!!


着てみると意外と快適!!

スカスカだけど・・いえ・・快適!!

皆から「でかいだろー。」「着てる意味ないじゃん!」と言われようと、誰が何と言おうと快適なのです!

そう思い込むより他は無いのです!!

「買う」と言う思考はその頃は持ち合わせていなかったのです。

こうしてどんどん体を覆う布の面積が増えて行き、フルスーツに。

寒がりは次第にエスカレートし、スーツの厚みもそれにあわせて増していきました。

3mmから5mm。

5mmから6.5mm。

そして。

その頃よくやっていた長時間ダイビングと深場ダイビングに耐えうる為にと、ついに師匠とお揃いの禁断の8mmの2ピースにまで手を出します。

南国パラオ。
気温30度。水温29度のブルーコーナーの水面で
2に揃って8mmのウェットスーツを着る姿はさぞ異様だったでしょう。

そして、同じように長時間の変態ダイビングをする周りのゲストも、これまたお揃いの8mm2ピースだった日は、もはや誰もつっこめなかったでしょう。

隣のボートには裸同然で潜る、欧米系のゲスト達。

「ヘーーイ!オマエラ!ソンナカッコDEドコモグルンDAI?!」
と、言わんばかりの薄ら笑い。
リンゴを片手にコソコソ話です。


だって・・・。


寒いんだもん・・・。



つい半年前まで、この8mmツーピースと5mmのウェットをダイビングと天候にあわせて交互に使っていましたが、流石にクルコンで8mmの2ピースを着る勇気はなく、

5mmのスーツは両脇が裂け、しまいには腰のあたりまで裂け、もはや正真正銘のボロキレ以外のナニモノでもなくなっていました。


必ずお客様に「凄い・・ウェットだね(笑)」と、コメントをいただき、「今年はセクシーを売りにしてます!」と鳥肌全開、紫がかった唇になりながらもお返事しておりました。


が!

ついに6.5mmを作ってもらいましたーーーーー!!!!


いえーーーーい♪


超快適です!!

寒くない!!!

寒くないです!!!

南国ですよ!

ここは南国パラオでしたよ!!!!



いやいやいやいや。

保温って大切です。。。

大事に使わせていただきます!!!


さてさて。

現在使用開始してから4ヶ月。


あれ・・・。


さ・・・寒いっす・・・・。



あれ・・・。


6.5mmだったハズなんですが・・・3mm程に・・・・。



あれ・・・。


また色んなところがちょこっとづつ裂けはじめ・・・・。


さ・・寒いっす・・・。


4ヶ月で300本。
ウェットを休ませる事無く使い続けると、やっぱりどんどん薄くなっていっちゃうんですね(泣)
それでもやっぱり毎日使っているものだから、愛着があります。
ユニフォームの様なものですから。
洋服着てる時間よりウェット着てる時間の方が長いですから。

ボロボロだからはい!交換!!とはしにくいものです。

でも・・・。


本当にボロボロのウェットになってしまう前に。


寒くて潜れなくなってしまう前に。


新しいウェットをプレゼントしてくれるのは大歓迎です♪♪


b0120510_14261133.jpg




写真はホワイトダムゼルのチビ

大人になると、縄張り意識がとても強く、近づくとツンツン攻撃されます。

懐いてる♪なんて思っていたら大間違い。
怒られてました(泣)

子供はかわいいでしょ☆☆

こんなかわいい顔で

「ウェット買ってぇーーーー(泣)」

って言われたら買っちゃうでしょ~♪

うんうん。

ね?

ではでは。

この子に買ってあげるつもりで、カナにも・・・。

皆様からの温かいお言葉と温かいウェット・・待ってます♪
[PR]

by kanakoshirane | 2008-04-24 15:14

4/23 早朝ブルーコーナー2ダイブ!

懸賞 2008年 04月 23日 懸賞

4月23日

お天気:薄曇り・・。


①ブルーコーナー
②ブルーコーナー


今日は早朝ブルーコーナー2ダイブ☆☆


ここ数日、シャークシティー・ペリリュー・カヤンゲル・ユーカクと、遠征ばかり続いたので、なんだかゲメリス方面に来るのは久しぶりな感じがします。


なんとなんと。

昨日の早朝、ここブルーコーナーではジンベエザメが出た模様!!!
欧米系のショップさんが2チーム遭遇したそうで・・。

まさかそんなに上手く行くわけない・・と思いつつ、やっぱりどこかで期待してしまいます。


潮は超いい感じの上げ潮♪

透明度はイマイチ・・。

と、オペレーターのウェイドさんが

「キノーとオンナジ♪キノーもアゲシオ。トウメイドはダメねー。でもージンベエあるーー♪」」
と。。

おいおいおいおい。。

期待しちゃうじゃない☆


一本目。
上げ側からエントリーし、一通りブルーコーナーならではの魚達と遊んで、何事も無く楽しく浮上♪

・・何事も無く。

何か起きて欲しかった(><)


そしてやってきた最終ダイブ。

期待も高まります・・。

流れは・・。


ありゃ。


激流の予感・・。


ブイ・・沈んでます。

「サヨナラーーーブイーーーー。」

とオペレーターは笑ってますが、ガイド陣は笑えません。。

さすがにもう少しだけ落ち着くのを待ちます。。


暫らくするとブイが再び顔を見せます。

オカエリーーーーブイーーーー♪

さぁ!いざ最終ダイブ!!!!

透明度・・悪いです。

魚・・多いです!!!!

物凄い数のタカサゴに囲まれながら進んでいくと、沖の水の色が青い・・。

ほんの数m、沖に出ると・・・。

すごーーーいキレーーーーー!!!!!

別の海みたいです♪

キレーな水の中をジンベエを探しつつ流れに乗って進みます。


先に見えてきたのはギンガメアジの壁♪


流れに沿いながら、ギンガメの壁とすれ違います。

棚に摑まると待っていたのはグレイリーフシャークの大群♪♪

凄い数のタカサゴの中を、大人も子供も入り混じって、サメがガンガン泳ぎまわります。

その上にはロウニンアジ!しかも今日は個体数が多い!

ネムリブカもウヨウヨ。

ナポレオンもキョロキョロ。

ヨコシマサワラもサワサワ。

あれ。。

このメンバー・・・。

捕食チームじゃ・・・。


周りに誰もいないので、サメ寄せしてみます。

流れがだんだん強くなります。

サメの動きもだんだんアグレッシブになってきます。

私達もだんだん興奮してきます。。


と!!!!


棚下のサメの動きが怪しい!!


なんて思った瞬間!!!!



ガッサーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!



とタカサゴ大移動!!


グレイリーフシャークが物凄い勢いでつっこみました!!!

そこに連なるように他のグレイリーフとロウニンアジが狂ったように走り回ります!!


と!!!

また次の瞬間!!!


ドンッッッッ!!!!!


とグレイリーフが再びアタック!!!!


そのまま急浮上して、私達のすぐ足元を疾走していきます!!!


さすがにちょっと怖かった・・・。。。。


その後もロウニンアジのアタック!!!

カスミアジのアタック!!!

ヨコシマサワラもアタック!!!!


と、大捕食大会!!!!


気が付くと目の前にはギンガメアジの塊!!


沖を見るとバラクーダの群れ!!


潮の流れに乗って、バラクーダが近づいてきます。


ギンガメの塊のそのすぐ真後ろにそびえるバラクーダの巨塔!!

すごいコラボレーション、ここに完成。


そのスーパーコラボの隙間を走るはタカサゴ達とそれを追うサメ達。

足元にはカンムリブダイの群れもやってきています。


そしてそして。

最後はやっぱりバラクーダの渦に巻かれて終了でしょう!!!


ココ最近のベスト3に入る最高のコーナーでした!!!!


あ。。。。。


ジンベエ・・・・・。



忘れてた・・・・。



ま。


ジンベエの事すら忘れてしまうほどの最高のダイビングだったって事です♪♪♪


遠征もいいけど、やっぱりいつものパラオも最高なのでした!!!!

明日は晴れるかなぁ。。。
[PR]

by kanakoshirane | 2008-04-23 14:04

4/22 カヤンゲルログ

懸賞 2008年 04月 22日 懸賞

4月22日

①テールトップリーフ
②テールトップリーフ
③ユーカクチャネル




カヤンゲル&ユーカクに行ってきました!!!!


カヤンゲル。


パラオ本島からさらにもっともっと北にある島。


コロールからスピードボートで2時間強。


「南国」


その言葉がこれほど似合う場所は他にあるのか?!と思わされる景色がそこにはあります。


もちろんその光景を期待して出航!!!!


したのですが。


残念ながらあいにくの曇り空(泣)

「日焼け止めしっかり塗ってくださいね~!!!」

の言葉が、いつしか

「防寒対策しっかりしてくださいね~~!!」

となってしまいました・・。

それでもせっかくのカヤンゲル!!

風が少しあるので心配でしたが、順調に進み、テールトップに到着!!


ここで2ダイブしてきました~♪


いましたよ~~~~!!!


シルバーチップシャーク!!!!


いつも潜るポイントではあまり見かけないグレイリーフシャークよりも大型のサメです。

たまーにコーナー等でも見かけますが、このサメを狙いに行けるのは、やはりカヤンゲルならではでしょう♪


エントリーしてすぐに登場したシルバーチップ!

かっこよかった☆☆☆

イソマグロやカンムリブダイの群れ、ツムブリの大群やマダラタルミの群れなどもみつつ、カヤンゲルの色を堪能。

透明度が少し悪かったので残念でしたが、それでもいつもよりも深い青。

ちょっと違うカヤンゲルの色を見れました♪



3本目のユーカクチャネルはマンタ狙いのポイントです。

「マンタがいないと何にもいない。」

と、恐ろしいキャッチコピーがあります。。。

でも、確かに・・なんです。

マンタのいないユーカクは、芸能人になれなかった江頭2:50ばりの切なさがあります。



2ロックからエントリーしたものの、マンタの気配はなく移動。

ブラックフィンバラクーダの群れが、近づいては離れ、また近づいてを繰り返します。

様子を伺いに来ているような感じでしばらく遊んでくれました☆


3ロックへ移動。

待ちます。

待ちます。

待ちました。


「マンタがいないと何にもいない。」


恐ろしいキャッチコピーが脳裏をよぎります。


諦めかけていたその時♪


いひっ♪


マンタ登場!!!!


背中の白い面積が多い子でした。


気持ち良い気分で浮上☆

もう少し粘った田中チームは、安全停止中にもう一枚見られたみたいです♪



いやいやいや♪


今日も楽しい一日でした!!

ダイビングも最高でしたが、遠足気分のボートの上や、おにぎりを作ってのランチ等♪


スペシャルトリップな気分でした☆☆


今後、リクエスト次第では第2回!3回!!も企画しましょう(^^)v
[PR]

by kanakoshirane | 2008-04-22 19:17

4/21 ペリリューログ

懸賞 2008年 04月 21日 懸賞

4月21日

お天気:快晴!!!!

①ペリリューカット
②ペリリューエクスプレス
③イエローウォール

気が付いたら一週間も更新していませんでした(><)

あっと言う間の一週間。。。

早朝から桟橋前を潜り、オイランハゼのホバリングを観察。

テグリナイトに連夜繰り出し。

シャークシティーでバラフエダイの産卵!

その後逆流!!

コーナーでワイドオンリー!!

と思いきや、ゴピパラ1でハゼ三昧。

3年ぶりに潜る幻のポイントへ行ったり。

潜って、潜って、潜ってました。



そして思った事。


パラオはワイドもマクロも最高ですわ。。。


楽しかったなぁ~~~♪



なんて思ってたら、すっかり更新忘れてました(^^;)



さてさて。。

本日はペリリュー遠征

ここ数ヶ月、格段にシャークやペリリューに行く回数が増えています。
昨日もシャークだったし。
その2日前にもシャークボート出てるし。

こうやって行く回数が増える事によって、どんどんデータも集まり、またどんどん大物や潮を読みやすくなっていくわけです。

いい傾向ですな・・。

色々と条件もありますが、行ってみたいな・・と思う方は、是非リクエストして下さいね!!


今日のペリリュー。


囲まれてきました~~~♪

ロウニンアジの群れ~~~~☆☆☆
一本目。
カットからエントリー。

満月から一日。
どうやら今日の早朝はまだバラフエダイの産卵はあったようですが、私達がカットを潜る頃にはすっかり解散してしまった模様。

2本目はエクスプレス。

もちろんロウニンアジ狙いです(><)

ドキドキしながらエントリー。。。


すると。。。


ありゃ。


すでに下にロウニンの群れ!!!!

ゆっくりと先端に向かっています。

さすがに不意打ちでした。。

これで終了はヤダな・・と思いつつ一度ロウニンを見送り、私達もゆっくりと先端を目指します。

透明度が悪いので、先までは良く見えません。


緊張しますね・・。


いるのか・・。

いないのか・・。


ハギの影が一瞬ロウニンかと思ってドキっとします。

そしてそして。。


この先に見える影。。


一匹見えて確信。


ロウニンアジの群れです。




中層で塊になってまさにロウニン玉が出来てます。


ゆっくりと玉が崩れ、私達の横でまずは壁となり、次に下を川の様に流れ、何百という大量のロウニンアジの集団が至近距離で移動します。


少し深度を落とすとまわりは全てロウニンアジ!


沖だしの流れに逆らいながら、ロウニンアジにアプローチ。

凄い光景です・・。

現実と思えない光景ですよね・・。


きっと見たことがある人にしかわからない、想像を超える迫力です。


気持ちよかったなぁ~~~♪



3本目はカジキ狙いでイエローウォール!!!

前回に引き続き!!!

カジキ!!!!


3本!!!!


と、行きたい所ですが。。


そう上手くは行かないようで・・・。


カジキを想像するダイビングとなりました(^^;)



明日はカヤンゲル遠征の予定です!!!!


ログお楽しみに~~♪
[PR]

by kanakoshirane | 2008-04-21 18:48

4/15 伝説のログ

懸賞 2008年 04月 15日 懸賞

4月15日

お天気:晴れ!晴れ!

①ブルーコーナー
②ブルーコーナー


本日、ある伝説の最終日。



伝説・・・。



そうです。


伝説になるであろう、とあるゲストの最終日。


お天気は最高。

最終日を語るには最高の天気です。


伝説のゲスト。


もしかしたらこのブログを見て下さってる方の中にも、会った事があるかもしれません。



・・・その伝説の男性。



名前を Mr.Iwahashi と言う。



これから書く情報を元に、ご本人を知らない方は想像してください。


経験本数1450本


内、パラオでのダイビング600本以上


パラオへの入国回数30回以上


カメを追いかけるスピードは天下一品。


激流・ダウンカレントなんのその。


華麗なフィンさばきで、シャークだろうと、ペリリューだろうと、ガンガン攻めのダイビングを行います。


南極で氷河の下を潜った経験あり。


カヤンゲルでシルバーチップにアタックされた経験あり。


マジュロでイルカの大群に囲まれた経験あり。


ペリリューでカジキを追いかけた経験も多々あり。



そして。



そして。



ここからが伝説の本番です。



想像してますか?


さらに想像してくださいね。




この、伝説の男性。



御年・・・






83歳・・・・。

・・・・・。





伝説でしょ!!!!



この方とのつきあいは、私が初めてパラオに来た頃からなので、6年近くになります。


なんとダイビングを始めたのは65歳。

尊敬を通り越して、感服です。


今回、3月18日から1ヶ月滞在されていました。
ちなみに1月も一ヶ月滞在されていました(^^)

今日はその最終日。
是非とも最終日に相応しいダイビングをしたいものです。。。


一本目。

良い感じの下げ潮。

エントリーすると、既にロウニンアジが必要以上にアグレッシブ。
個体数もとても多く、なんだか期待が持てる感じ・・。

そのまま進んで行くと、だんだん潮が弱くなってきます・・。

嫌な予感ですが、沖を見るとバラクーダ。

先を見ると、サメの大群!!

群れじゃなくて、大群!!

子ザメも混ざって久しぶりに見る位の大群!!

良い感じです・・。


非常にステキな感じです・・・。


そして。


やな感じの潮はやはりヤナ感じのまま・・辛くなる前に反対側へ移動。

良い感じで潮が変わりました。

最後はタカサゴ達の群れに囲まれて気持ちよく浮上です。



さて。
2本目。

同じくコーナー。

今度は良い感じの上げ潮♪

いい感じです。

非常に良い感じです。

浅い棚に摑まって、ギンガメを堪能しようと思っていると・・・。


伝説のゲストが動き始めました・・。


深いほうの棚へ行き、ギンガメにガンガンアプローチを開始。

あわてて私達も移動。

いい感じです・・。


ギンガメ独り占めです。


伝説のゲストの動きに合わせ、ギンガメの形も変化。

ギンガメに完全にまかれた伝説。

ギンガメに突っ込んだのか、ギンガメが突っ込んできたのかは、もはやわからない状況。


完全にギンガメの渦の中心にいる伝説は、あまりのギンガメの密度のせいか、目視では確認できません。


と、突然!!


ギンガメが勢いよく下から湧き上がってきます!!


伝説も一緒に沸きあがってきます!!


なんと。

誰が先に突っ込んだのか、今度は下で、捕食がくりひろげられています!


伝説とギンガメのすぐその下。

10匹以上のホワイトチップ。
悪人面のロウニンアジ達。
ブルーのキレイなカスミアジ。
可愛い顔してよくやるナポレオン。
さらにはグレイリーフシャークまで。

がっつん!!がっつん!!


本気食い!


伝説の足元で・・。


本気食い!!


沖ではタカサゴ達もがっつんがっつん!


そっちでも捕食?!


すごいです。


興奮です。


興奮のまま・・浮上。


伝説の最終ダイブ。


無事。


終了。




「最高のダイビングだったねーーーーー!!」


と、最高の笑顔をいただきました。


そんな伝説が最高です・・・。



b0120510_1757452.jpg




この一ヶ月、ペリリューに3度、シャークにも3度。
ポイントでない所を潜ったり、
内湾の誰も潜らないポイントに一緒に行ったり、

楽しかったなぁ・・・。


次回、7月。


伝説・・再び。







b0120510_17594473.jpg





一ヶ月ありがとうございました☆☆☆
[PR]

by kanakoshirane | 2008-04-15 18:03