ソコロツアー① ~初日♪マンタ!マンタ!!~

懸賞 2008年 11月 22日 懸賞

11月7日。
午後に成田を出発し、まずはLAへ。
そのまま乗り継ぎをしてメキシコ・ロスカボス。
ロスカボスで一泊して、翌日。


ついに・・・。



ソコロへ向かうクルーズに乗り込みます☆



今回のクルーズ。


スペイン人・デンマーク人・オーストリア人・ドイツ人・メキシコ人・日本人・・・・と。


色んな国の人達が集まりました。


いよいよ出港。


24時間かけて、まずは最初のダイビングポイントのある島まで移動し、初日は2ダイブ。


このポイントでは、バディー同士で勝手に潜ります。



ぐるーーーっと一周出来る位の、ずどーーんと切り立った根になっているポイントで、マンタが見られるポイントの様です。


とりあえず、水温も、透明度も、雰囲気も、全くわからないので(^^;)まずは欲を出さずに様子見をしましょう!とエントリー。



水温は思っていたよりもかなりあたたかく、26度あります。
透明度もまぁまぁ。


そしてそして。

魚たち。


でかい!!!


とにかく魚がみんな大きいです!!


カスミアジやカッポレといったアジ類。

パラオでは見られない位大きいです。

そして、クレオールフィッシュと言う、パラオで言ったらウメイロモドキの様に群れている魚達も、丸々太っていてパンパン!!

ガラパゴスでも同じ魚が見られ、そのときも大きいなぁ・・と思いましたが、それ以上に大きい!


プランクトンがそれだけ豊富という事なんでしょうね。


しかも、個体数がいずれも多く、巨大なカスミアジやカッポレが群れを成してウロウロしているだけで、興奮してしまいます。




そんな感じで、第一印象は「魚影が濃く、魚が大きい!!!」



ソコロのマンタは大きいと聞きますが、この魚達を見ていたら、それも納得できます。



ぐるーっと根を一周して戻ってくると、マンタが一枚♪

1本目からマンタ登場です!


b0120510_18522223.jpg



でも・・。

思っていたよりも大きくないかも・・。


大きいけれど、パラオで見る「大きいマンタ」サイズ。

こんなものなのか??





クリーニングするでもなく、捕食するでもなく、ダイバーの上をグルグルと何回も旋回します。

「ソコロのマンタはお腹を触られるのが好きなんだ!」と言う、嘘付けーー!!って感じのビデオを見たのですが、このマンタの様子を見ていると、「あれ?本当に触られたがってるの?」と思うくらい、無防備に近寄ってきます。



2本目も同じポイント。


今度はブラックマンタが登場。

でも、サイズはさっきのマンタと同じ位・・。

うーーん。


こんなもんなのかなーー。



ブラックマンタと充分遊んで、アジ達と戯れて、一周。



と。


水底が・・・。


動いた?!





・・・。


あ・・・。



違う・・。




マンタです。




それも。




巨大な。




下からゆーーーっくり浅いところに上がってきたマンタ。




そのまま私達の方に向かってきます。




ちょっと怖いくらい大きい。


5mはあります。



大きすぎて、羽ばたいたヒレがブワン!と波打ってます。



b0120510_18592219.jpg



そのまま、私達の頭上を・・・通過。



大きい・・。



これかぁ・・。



噂の巨大マンタ。



これなら「ソコロのマンタは大きい!」と言うのも納得です。




このまま初日は2本で終了。

翌日も同じ島でのダイビングです。

明日はハンマー狙いでーーす!!



写真はお客様から頂いたものです♪
[PR]

by kanakoshirane | 2008-11-22 19:01

<< 11/22 今日の海 カメ探し!!   11/21 今日のログ 帰って... >>