日本の海水魚♪

懸賞 2008年 10月 10日 懸賞

「山渓ハンディ図鑑 日本の海水魚」









が、先月発売されました☆


「11月に日本に帰ったら買ってこよー」と思っていたのだけれど、海から帰ってくると、オフィスのテーブルの上に置いてあるではありませんか?!?!

おぉーー!!!

誰?

カナの為にこんな素敵なプレゼントを用意してくれたのは?!?!

と、思っていると、

「いいでしょーー♪」

と社長。


・・・あ。


私の気持ちを知ってのプレゼントじゃ・・ないようで(;_;)


届いたばかりのこの図鑑。お願いして読ませてもらいました。



話には聞いていましたが、確かに見やすい♪
写真の配置も見やすいし、解説もわかりやすい。
今までの図鑑の様に、専門用語がいっぱい並び、見分け方も学術的な事ばかり・・と言うのではなく、見てすぐわかる見分け方中心に書かれている気がします。

超内容充実!!という訳ではありませんが、ダイバー向けの図鑑と言った感じですね♪


何より、小さいし、安い♪

一冊だけ図鑑買おうかなぁ・・と言う方にはオススメじゃないでしょうか☆


パラオで撮影された写真も多く、あそこの子かなぁ~なんて、楽しく見させてもらいました♪


が。
何点か気になる記載も・・。

キンチャクダイ科では2点。

スミレヤッコとダイダイヤッコの分布域にパラオが入っています。。

スミレヤッコ・・。見たことある方は一報下さい・・。
パラオにはイナズマヤッコはいますが、スミレは見たことありません。

ダイダイヤッコですが、よく似たフレイムエンゼルフィッシュ(Centropyge Loricula)はいますが、同じくダイダイヤッコは見たことがありません。
同じくよく似たアカハラヤッコは数固体確認していますが、こちらは個体数が少ないです。

ただ、最新版だけあって、パラオでも見られる、現在パラオ在住のコリン博士の名前がついたコリンズエンゼルフィッシュも、アヤメヤッコとして記載されています☆


ここ最近でガンガン新種記載されているベニハゼも掲載。
シリウスやヒメニラミも図鑑にこの名前で紹介されるのは初めてですね(^^)v
どんどんかわいい名前がついて欲しいものです♪


そしてそして。
カナの愛すべきスズメダイも写真もちゃんと載っています♪
別種になるのかまだはっきりしていない、モンスズメダイも、成魚・幼魚共に両タイプ記載されていました。


写真と解説は全て吉野雄介さんが書かれています。
これから、いよいよ幼魚図鑑も完成間近な様で・・。
そちらも楽しみです~~(><)
できればもっと可愛い写真をいっぱい載せて欲しいですが♪


しばらくは毎日この図鑑を隅まで読む日々が続きそうです♪
あぁ~~楽しい☆☆



あ。



しまった・・・。


この図鑑・・。


社長のでした・・。


・・・。


・・・。



社長が気がつきませんように・・・♪




写真はモンスズメダイの幼魚♪
2種類にわかれても、モンスズメダイのままでいる子です☆
[PR]

by kanakoshirane | 2008-10-10 17:21

<< 史上最大の?!   10/10 今日のログ >>