あっっっ!!!!

懸賞 2008年 04月 25日 懸賞

あっっっ!!!!


って瞬間ありますよね?



やっちゃったーーーみたいな。



昨日のブログに「8mmの2ピースを着ていた」と書きました。


そうなんです。

8mmの2ピースをパラオで着ていた頃がありました。

今でも国内や寒い地域を潜る時、パラオでも長時間ダイビングになりそうなときはこの8mmウェットを愛用しています。
なんせ極度の寒がりですから(昨日のブログ参照)1時間を越すダイビングになると、30度の水温でも6.5mmではギリギリとなります。


そこで登場した秘密兵器が8mmの2ピースウェット♪


ただし、このウェット、着るのが慣れるまで大変でした。


今となれば簡単に着られるのですが、非常にやわらかい生地のスキン。

何が大変って・・。

まず第一に、裂けない様に着るのが大変なのです。

両面スキンの生地は、少しでも引っ掛けたり、ちょっとでも穴が開くと、そこから一気にパックリ裂けます。


「パックリ裂ける。」


この言葉がぴったりです。


ジャージのウェットだったら多少穴があいたまま数日着ても、そんなに問題はないでしょうが、スキンでちょっとの穴を見逃すと、数分後には「パックリ裂ける。」状態になります。


水に濡れた状態であればツルツルすべるので、着る時は水中で着るか、完全にスーツを塗らした状態で着るか、滑りやすくする為にトリートメントを入れて着ることなんかもあります。

この状態にしてしまえば、ツルン!!と着れてとっても簡単♪

そうなんです。
ツメなんかで引っかけたりしなければ、慣れればとってもラクチンに着られるスーツなんです。


ただ、この8mmウェット。
通常のスキンの生地よりも遥かに柔らかい!!
やわらかいって事は・・裂けやすい・・。
生地が落ち着いてくれる最初の20ダイブくらいは物凄く神経を使いました・・。


第二に・・。


これが問題でした・・・。


2ピースの上の部分。

これが「カブリ」と言って、その名の通りかぶって着ます。

ファスナー等が無いので、トレーナーを着るような要領でかぶって着ます。

まずは水中で両手を通し、濡れた状態にしたウェットを、そのまま一気にかぶって着ます!

ココ大事!!

勢い大事!!

一気です!!

一思いにです!!

すぐにスポッ!っと顔を出せなければどうなるか・・・・。


・・・・。


・・・・。


窒息します・・・(--)



・・・・。



・・・・。


ウェットを作ってスグの事。

ブルーコーナーの水面で、師匠と一緒にこのウェットを着ていました。

「このウェット着るの慣れたか~?」

「はい!余裕です!!」

なんて話しながらまずは下を簡単に着終わります。


いよいよ問題のカブリの部分。

何となく緊張する一瞬です。


両手を入れ、しっかりと中も濡らし、大きく息を吸って、思いっきり!!!


かぶる!!!


ガッッッッッ!!!!!!!



うぅぅぅぅぅぅーーーーーーー!!!!!



何かが引っかかって顔が出ない!!!!!



うぅぅぅぅぅぅーーーーーーーー!!!



ヤバイ!!!!!



ぬぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!!!!


死ぬーーーーーーーーーー!!!!!!





!!!!!!



バッッッッッッッッ!!!!!



はぁはぁです・・。

ぜぇぜぇです・・・。


ギリギリでした・・・。


ギリギリの所を力技でなんとか切り抜けました!!!!


切り抜けました!!!!



・・・・・が。



ウェットも・・・。


切り抜けて変なところから顔が出てます・・・(--)


はっ!!!


あまりの苦しさに、穴の開いている所からではなく、肩の部分から、穴も何もないはずの肩の部分から、窒息寸前でユデダコばりに赤くなった必死の形相のカナの顔が・・。
その顔と言ったら、きっとナマハゲを髣髴とさせた事でしょう・・。
そんなナマハゲが・・肩の部分のウェットを突き破り、ブルーコーナーの水面に・・登場。



あっ!!!!

通り越して・・


ギャ!!!!です。


しばし呆然・・・。


あまりの一瞬の出来事に、大きくリアクションを取ることすら出来ず・・。

誰かがこの瞬間を見ていてくれていたら、まだリアクションの方法があったものの・・。

目撃者・・・ナシ。

よって。


自分から・・。



「あ・・。裂けちゃった・・・。あ・・あはっ。。」
と悲しく報告。


笑って下さい!!
お願いです・・。
せめて笑って下さい!!!

切ない顔で

「大丈夫?」

なんて言わないで・・。

どうか、この哀れなナマハゲを笑ってやって下さい。。


師匠の

「お前なんだよー!それーー!!どっから顔出してんだよー!!バカだなぁーーー!裂けちゃってんじゃん!」

と言う、ただ見たままを実況しただけの、なんのひねりもない罵声が、今のカナの唯一の救いの言葉でした。




しかも。


悲しい事に。


ひっかかった物の正体・・・。


カナの頭に結んである・・・おだんご(泣)



自分の髪の毛に足を引っ張られる事になろうとは・・・。

当たり所の無さに、ただただ・・苦笑い。




更に。


今の思いっきりかぶった時の衝撃で・・。


首が・・・・。


痛い(;_;)


ものすごく・・・。


痛い(><)


後日、帰国の時に整体に行くと

「あれ??交通事故したことあります??」

と。

「無いです・・。」

「え?ムチウチとか・・ない?じゃぁ、ものすごい寝違えたとかってあります?」

「・・無いです。」

「おかしいなぁ・・。かなりの力がかかって首の骨がずれてるんだけど・・。」

と。

・・・・。


・・・・。

いやいやいやいや。


まさかね・・・。

まさかウェット着るのを失敗したごときで、交通事故バリの首の骨のずれが生じるなんて・・。


いやいやいやいや。

まさか・・・。


まさかですよ・・・。


でも・・・。


それしか思い当たる節が・・・・。


無い(--)



恐るべし。。

恐るべし・・ナマハゲ事件。




b0120510_7303999.jpg




写真の子はクロハタの幼魚♪


まさに!


まさにその時のカナの気持ちを表してくれています!


「あっ!!!!!!!」


「あぁぁぁぁぁ!!!!」


「ギャッ!!!!!!」


お好きな効果音を入れて見てみてください♪




2日にわたりお送りしたウェットのお話し。


2日も書いた意味・・。


わかりますよね♪

ウェット・・・くださーーーーい(><)
[PR]

by kanakoshirane | 2008-04-25 07:32

<< 日帰りグアム♪   寒いんですもの・・。 >>