田中さん。退職。

懸賞 2009年 03月 02日 懸賞

2月いっぱいで、クルコンスタッフの田中さんが退職されました。



パラオに来て7年。


カナより3ヶ月先輩の田中さん。


もともとは職場が違ったので、深い関わりはあまりありませんでしたが、クルコンに入ってからの一年、

夜にいきなり車が動かなくなったときに、助けに来てくれたり・・

何かが壊れたら、とりあえず「田中さぁ~~~ん!!」と呼べば直してくれたり(笑)・・


我儘で自己中なカナに文句も言わず、一緒に働いてくれました。



でもね。昔はそれはそれは熱い指導が売りの田中さんでしたょ。


ガイドトレーニングで泣いた研修生は数知れず。

でも、これは田中さんだけに限らず、この時のパラオは、パラオ全体が体育会系で、違う店だろうが、先輩は先輩!と言う、古き良き上下関係が成り立ち、どこのショップ同士も仲良くやっていたものです。


時代は変わり・・。


昔だったらこうだったのにね・・なんてクルコンの中で唯一話せる存在も田中さんでした。



熱い、熱い、指導者は、いつしか丸くなり、縁の下の力持ち存在となって支えてくれていました。


その田中さんが、ついに退社しました。



田中さんだけは、カナがパラオから去る日がもし来たとしてもパラオにいるだろうなぁ・・と思っていただけにちょっとびっくり。



パラオに来て7年。



いろんな人が帰って行きました。



自分より先にパラオにいた先輩方はもちろん。


やがて同期がどんどん帰り・・


気がつけばついこの間来たばかりの様な新しいスタッフも帰り・・



いつかは皆、かえって行くのかな・・・なんて思うようになりました。




初めの頃は、誰かが日本に帰る!となると、率先して送別会に繰り出したものです。


寂しいね・・なんて言いながら。


またいつでもパラオに帰っておいでよ!!・・なんて言いながら。


でもね。


この楽園パラオから、仕事をやめ、帰ってしまうと、こんなに近くなのに、遠い国になってしまうのです。


帰ってこない色んな理由もあるでしょう。

本当は帰って来たい・・って思ってる人もいるのかもしれない。


でもね。


きっと。


帰ってこないのですょ。


寂しいけれど。



それは、新たな場所で、その場所を自分の場所に変えた証拠。



帰ってこないのは、新しいスタートが成功した証拠。


寂しいけれど。



いつしか送別会にはあまり参加しなくなり。



誰かが日本に帰ると聞いても「へーそうなんだーー。」としか思わなくなり。



ドライだねーと言われる様になりました。




でもね。



もし。



もしも会いたいと思ったら、いつでも会えるのも知ってる。





田中さん。




7年間お疲れ様でした。




またいつか♪♪




その前に。



田中さんの送別会には参加させてもらいます☆☆
[PR]

by kanakoshirane | 2009-03-02 18:09

<< 3/3 今日のログ ギンガメ!...   3/2 今日のログ 1600本!! >>